スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手製レッグウォーマーとガス缶カバー

 






山ガールねぇ~
あたしも『ガール』と呼ばれる頃に山スカ履いてみたかったよ。


・・・・

山ガールってね・・・もうそんな歳でもないよねぇ~
山おばさん?山ばばぁ?


それってさ 山姥っていうんじゃないの?





まぁそんな話をしましてね。夫と。

なるほどそうだよねぇ~山姥だよ・・・
いや、山姥はあまりに悲しすぎるな(笑)



さて、

山ガールの三種の神器と言えば山スカ・タイツ・レッグウォーマー辺りでしょうかね。

薹が立った山ガールですがレッグウォーマーを編んでみましたよ~

ネットを見てたらニットのかわいいレッグウォーマーがあったの。
だけどみんな売れてしまっていて、残ってるのはあんまり好きなパターンじゃない。
中途半端な毛糸が山ほどあるので寄せ集めてつくろうと思いました。

しかしこうして見てみると地味な色ばっかだな、、、

服もそうだけど、いつもおんなじような色のものばかり買ってしまうんだよね、、、

だけど歳をとると暗い色は本当に老けるね。
痩せてて暗い色を綺麗に着こなせる40・50代女性って、本当に美しい女性なんだなぁ~と思う。

ちょっと話がズレたけど、このままではアウトドア的要素が何も無いので、
ダ○ソーで紫とかそんな感じの毛糸を三玉ほど購入。
差し色として使いました。


20110304003.jpg 
違う毛糸を沢山使うので、裏側の余り毛糸の処理が一番面倒でした、、、
それ以外は案外簡単で、時間もかからず楽しくできましたね。



※クレイジーカラーになってますが、毛糸が足りなくなっただけの話です。

2110304095d.jpg 
写真撮る為に無理やりロングブーツに履かせてます。
なんか変だね、、、

ちょっと時期外れだけど、まだ寒い日もあるでしょう(笑)
早いとこ山で履きたいと思います。



そして・・・



20110305005.jpg
 

ガス缶カバーも作ってみました。



006yy.jpg 


夫の古~いシーガル。
両袖を切ってみたら丁度良いサイズ☆
肩だった部分を縫ってガス缶の底の部分にしたよ。
シーガルの袖口部分はきちんと処理ができてるから手間なしだね。

着れなくなったウェットがまだまだあるので、これはまた何かに使えるかも?
とっておいて良かったぁ~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。