スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

20110617017.jpg



昭和から平成になった頃、今のようなアウトドアブームがありましたよ、たしか。
このガルモントはそのブームに乗って勢いで買ったもの。
それも高崎のWILD1まで行って(笑)


その少し前、ちょっと血迷った時期があったな(笑)
今写真を見ると恐ろしい、、、自分が。
ロングのソバージュ(今通じるのか?)に人食ったみたいな口紅をしてね、、、
ほら、トゥーリアとかね(笑)

人工物に囲まれ、やたらガシャガシャとした服を身にまとい、
夜だか昼だか一日中区別がつかないような中で都会風を気取っていたからなぁ、、、
私だけじゃなく、そんなのは幾らでもいたんでしょうね。
そのうちバブルが崩壊し、なんだか私も景気が悪くなって・・・
気持ちのゆとりも無くなり、何より、全てに鈍感になってしまっていたみたい。

つくりものの音、つくりものののニオイ、つくりものの味、つくりものの景色。
そこに無理してへばりついていたつくりもののの自分といったとことでしょうか。

お金を出せばなんでもありだったからなぁ・・・
無くなったらさぁどうしていいかわかんない。
何もやることがみつからないというか、みつけられなかったんだよね。きっと。

そういう人間の隙間に、上手い具合にアウトドアブームが入り込んできた。

もともと本とか読んでて嫌いじゃなかったからなぁ~
猛烈にハマりましたね(笑)
シェラやLLビーンのマンパとか。
やっぱカッコからだけど、、、

当時は本当によく山に登ったな。このブーツと。

それからまたしばらく冬眠してたんだけど、数年前にまた引っ張り出された。
今度は大切な家族とも歩いてもらった。
本当にいろんな景色を見てきたなぁ~


だましだまし使っててきたけどそろそろお暇をあげないと。
まだメンテナンスする方法はありそうだけど、
里山をハイクするにはちょっとごつくて重いんだよね、、、
今は軽くてイイのがいくらでもあるからなぁ。

今までありがとね。


キーンはやめて結局バスクになった。

20110618034.jpg

よろしくお願いします。








スポンサーサイト

アウトドアなブログパーツ

20110615.jpg
TripWow


これ知ってる?

おもしろいね~



サイトをリニュアルしようといろいろ見てたらみつけました。

こんなの他にもあるけど、いろいろテーマが選べて、

その中の『アウトドア』が中々おもしろい感じだよ。

テントとか焚火とかリアルだし(笑)



カスタマイズにも対応してるし、BGMも中々良いものがあったよ。

私は自分のとこから曲を引っ張ってきました。

最後はタグをコピペして貼るだけ。

小さいサイズもあるから、プラグに貼ってブログパーツとしても使えそうですね。


画像は特に意味もなく入ってます。

最初だけ見てみて~




Hike up Akagi Slideshow: Myy’s trip from 館山市, 千葉県, 日本 to Miyozawa (near 渋川市, 群馬県) was created by TripAdvisor. See another 渋川市 slideshow. Create your own stunning free slideshow from your travel photos.








長七郎山ベースキャンプより

201106052032.jpg




またここへ来てしまいました。
どうやらお気に入り☆







20110228041.jpg

雪の時はこんな感じだったけど・・・






079.jpg


シャクナゲのシーズンへ



やっぱりこのピーク下広場は最高に気持ちがいいです。

この日は生憎ガスって何も見えないときが多かったけど、
夜には三日月と星が少しの間見ることができました。

小沼から30分ぐらいでプチアタック隊気分が味わえるのだから、
このテント泊は大いに素晴らしい(笑)






201106051293.jpg



この日は歩いたよなぁ・・・
我ながら頑張ったと思う。

こんな行程

大沼P(犬留守番)→黒檜山→駒ヶ岳→大沼P

大沼周辺を犬達と散策、桑風庵でそばを食べる

小沼Pをpm5時出発→おとぎの森ぶらぶら→長七郎ピーク下広場にてテント設営pm6時完了


さすがに足がパンパンで、夕食も摂る気になれずとっととテントにもぐり込みました。






翌朝、うっすらと晴れてるようだけど、やっぱりガスで見晴らしは悪い。

5時に長七郎へアタック(徒歩5分 笑)する予定でしたが、
寡黙そうな紳士が紳士的におはようとスマートに挨拶し先行。

大体がこの時間を選んで登るのだから、静かなのが好きに決まってる。
せっかく早く出てきたのに、頂上でゆっくりできないと悪いので、
しばらく待ちましたが戻ってこない。そのまま反対へ下った模様。

遅れて私らも登頂。
やっぱり何も見えないので、テントへ戻り朝食を済ませとっとと撤収。
7時には小沼Pに戻ってきました。



20110605004.jpg



しっとりとした朝の森と小沼のキラキラはとても幻想的でした。






アルバムを作る










これからの季節、全行程3時間ぐらいの山なら、夕方登山というのは十分ありだな。
犬達にも人間達にもオイシイところが多いし。

まず何より、登山道渋滞とは無縁。そりゃ少しは会うけど、ごくごく少ない下山者ぐらい。
これは犬連れ登山にはすごくイイ。
そして昼間よりは涼しいのでお互いに体が楽だ。

今回のように途中テント泊できれば尚更なこと、
夕日and星空andご来光の大盤振る舞いがもれなく付いてくる(行いが良い人に限る?)
翌朝のすがすが下山ハイクがまた格別。


またこれやろっ☆












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。